2016年9月9日金曜日

2016年夏のロシア旅行。その5〜「モスクワの地下鉄」と「セルギエフ・ポサー ド」〜


5日目
 駅へ行くなら早朝か夜しかない!と思い、朝食前の散歩を兼ねて、朝早くホテルから一番近い「キエフスカヤ駅」へ出発。
 せっかくモスクワへ来たのだから、有名な駅舎の1つでも見て帰らないと大損です。モスクワ地下鉄の多くのホームや駅舎は、ソ連時代に建設されたもので、各駅それぞれ違った美しい内装が有名なのです。





公園にあるいかにもソ連という雰囲気のかっこいい彫刻たち。みんなポケスポットになってました。



 スーパーマーケット横の公園をつっきると、デパートが。そのデパートをぬけるともう「キエフスカヤ駅」です。ホテルから歩いて10分程度でしょうか。意外に近い。朝のラッシュ前かもしれませんが、たくさんの人々が駅の中に吸い込まれて行きます。
 まずは地上から。








 ホームに入るには、もちろん有料、チケットを買わなければいけません。
 タッチパネルの改札口の脇に、数台の券売機があり、2ステップほどの簡単操作で、カードを購入できるはずなのですが....お札投入口の隙間にお札を落としてしまい、駅員さんにお札を救出してもらう羽目に。ハズカシー。お世話になった駅員さんは、いかにも駅員といった風貌のおじさんで、とても親切丁寧に対応してくれて本当に助かりました。スパシーバ。しかしなんであんなすきまがあいているのだろう...



 こちらは今回買ったシングルカード。これ1枚で、50ルーブル。
 裏にはゴミ箱へ何かを捨てている人のピクトグラムが描かれています、紙でできているので使用後はゴミ箱へ捨ててね、というようなことでしょうか?。しかし、わかりやすいデザインでほんとありがたい。
詳しくは、メトロの公式サイトで詳しく書かれているので、そちらでどうぞ。(グーグルクロームの自動翻訳機能を入れていると楽ちんです)

 この国も日本と違って、どこまで乗っても同一料金だそうなので、頻繁に乗り物を利用する予定の方は、カードを購入しておくと便利かも。あと、トロイカというパスモやスイカのようなカードもあるそうです。










 ホームのモザイク画はいかにもソ連といった素晴らしさ。突き当たりのレーニンのモザイク画の前で多くの人が写真を撮るのでしょうか?撮影するのにちょうどいいところに線が引いてありました。
   時間の関係で1駅みるだけだったけれど、満足。恥もかいた甲斐がありました。



 ホテルに戻って朝食。高級ホテルの朝食バイキングなので、テラス付きの美しい室内には、溢れんばかりの種類の食べ物や飲み物が並んでいます。今回の旅先のレストランでは味わえないような、ニシンの酢漬けや、甘い菓子パン、チーズ、果物などを、試食のように少しづつとり堪能。どれも美味しい。



 食後はバスに乗って「セルギエフ・ポサード」へ。ここは大修道院と、その周辺にできた教会群と、木彫りのお土産とマトリョーシカの産地として有名な観光地です。



 こちらも午前中からたくさんの観光バスが停車しています。ここでも中国人多すぎ。
 湿地帯の中に、ポツンポツンと教会が建っているものかと思ったのですが、綺麗に整備された広場の隣の、広大な塀の中に様々な教会が集結していました。







 ここでは女性は髪の毛を隠すためにスカーフを頭にかぶる決まりがあるのですが、忘れてしまったので、ちょうど着ていた上着のフードをかぶってごまかす。しかし、イスラム教のモスクのように義務ではなさそう。スカーフ無しの人々もよく見かけたし、信者でもないので、スカーフは無くてもだいじょうぶかな....と。




 売店のそばには古き良き伝統的なクワス売りのおばちゃん達がいました。私たちも一杯ずつ購入。モスクワの空港で飲んだものとは違った、さっぱりとして喉越しの良いクワスでした。この日は日差しが高く暑かったので、冷えてシュワっとしたクワスがちょうどいい感じ。

 ここで修道院の黒パンとジンジャーブレッド、ホフロマ塗りの籠と、グジェリ焼きの姉様狐のフィギュアを購入。ホフロマ塗りとグジェリ焼きはここでたくさん買っておけばよかったと、また後々後悔するのであった。


 そんな「セルギエフ・ポサード」も観光時間が経ったの1時間という超過密スケジュールで昼食のためのレストランへ、今日はパスタの入ったスープ、キエフ風カツレツやメドヴィックという名前の蜂蜜のケーキなどを頂く。ケーキがとても良い。ホールで買って帰りたいくらい。(食べかけですみません、ちなみにお皿が足りなくて紙の上で食べることに)




 その後はまたモスクワへ戻り、「モスクワ大学」「ノヴォデヴィチ修道院」の外観を見て、「雀ヶ丘」で景色を見て移動。


「雀ヶ丘」のマンホール。




 モスクワ大学への通りにはリンゴの木がたくさん植えられていました。まだ色づいてはいませんでしたが、貧しい学生はこれらを食べてお腹を膨らませているのかしら?というくらい鈴なりに実っています。しかし、ほんと遠くから見るだけ。


 今夜はサラダとビーフストロガノフ。ガイドさん曰く、歯の弱いストロガノフ爺さんのために作られた柔らかい牛の煮込み、というのが発祥だそうで、マッシュポテトの上にビーフストロガノフがかかった料理が出てきました。これならお年寄りでも大丈夫。毎回品数が少ないように見えますが、一皿が結構なボリュームです。毎回パンも付きますし、満腹になります。



 ホテルに戻ると、すぐにキエフスカヤ駅隣のデパートへ。グム百貨店が三越なら、こちらは、ららぽーとやイオンといった感じでしょうか?
 地下にスーパーがあるようで、降りると目の前に、手芸用品や画材や文房具が売られているハンズのような広いお店が。スーパーの前は催事場のようになっていて、トルコ菓子とイクラなどの缶詰、そして観光客向けのマトリョーシカが売られていました。


ユニクロも入っている。

 イクラのテーブルには、なぜかみなれた日本の駄菓子も並んでいてびっくり。ロシアでダイドーの自販機があるという話は聞いていたのですが、駄菓子までこんなにあるとは。先にモスクワの空港でも マルカワのフーセンガムを見かけていたのですが、驚きの値段で売られていました。国が変われば値上がりもするのね。 

 あと、いつも旅先で英語を使うときはだいぶ自信なさげになってしまうのですが、ロシアではかなり積極的に言葉が出てきて不思議。向こうも英語は片言の人が多かったから、無意識にリラックスして会話ができていたのかも。

 こちらの広いスーパーでも、またお菓子とチーズなどの乳製品を購入。品揃えはホテルの前の小さなスーパーより、もちろんこちらの方が豊富です。

そして、夜のキエフスカや駅を遠くからみて、今日はおしまい。


0 件のコメント:

コメントを投稿