2018年1月30日火曜日

サイン会、ありがとうございました!

 1月28日の初サイン会は、大盛況のうち終了いたしました!
 たくさんの子どもたちやキャラクターの着ぐるみ(11体も!)に囲まれ、とても楽しいサイン会を過ごすことができました。 不思議と緊張もせずに最後まで調子よくいられたのも、周りの雰囲気と、皆さんのおかげだったのかもしれません、お越しいただいたみなさま、イベントを支えてくださったみなさま、本当にありがとうございました!


 着ぐるみと触れ合ったのも写真を撮ったのも小学校低学年の頃以来かもしれなかったです。なかのみなさん、本当にお疲れ様でした。

  実は"気をつけなきゃ"と思った途端の25日から風邪をひいてしまい、前日の27日まで少し調子悪かったのですが、風邪で休んだりをうつたりしてはいけないと思い。28日朝にはすっかり完治させて挑みました。

 私も幼稚園か小学校一年生くらいの頃か...とにかくそのくらいの歳の頃、このサイン会のあった日と同じような寒い冬の日、当時住んでいた集合住宅の近所の図書館で、その頃ハマっていた絵本の作家さんとイラストレーターさんの両者のサイン会があるということで、とても楽しみにしていたのですが、熱を出してしまって行けず、代わりに自分で書いた手紙を母にもたせて、会場へ行ってもらったのです。しばらくして帰宅した母から受け取ったものは、サイン絵本の他に、絵本の特性絵葉書に両者から私へのメッセージとイラストが描かれた特別なものでした。本当に嬉しかったのですが、行けなかった悔しさもあってか、それ以来、サインには興味がなくなり、何十年も過ごしてきました。
 しかし、いざ自分がサインする立場となると、気分は変わりますね、とくにサインを求めに来てくれた小さなこともたちを見ていると、サイン会へ行けなかった子供の頃を思い出して、芸能人みたいにかっこいいサインじゃないけど、もらってよかったと思えるように、心を込めて書こうという気持ちがぐんと湧いて来ました。
  なんだかおばちゃんの自分語りが飛び出て来ちゃいましたが、自分の中でそんな苦い思い出を完結させるような出来事でもあったような気がして、不思議な気分です。

 今回はキャラクターのイラストを描けなかったけれど、 今度あるときは、もっと練習して、どんなキャラクターでも描けるようにしておきますね。

2018年1月25日木曜日

お仕事のお知らせ

フェーズシックス様より2月発売予定の、カートゥーン『おかしなガムボール』の日本版コミックの(限定/通常盤の両1,2巻)の表紙絵を描きました。
『おかしなガムボール』は、主人公である猫のガムボールと金魚のダーウィンを中心に、一癖も二癖もあるたくさんのキャラクターたちが巻き起こす、イギリス発のドタバタコメディアニメです。 日本でもカートゥーンネットワークを始め、MXテレビなどでも放送されています。動画サイトのGYAO!やYouTubeの公式サイトでも配信されているので、まだみたことのない方は是非是非。



その発売を記念して、国分寺のマルイにてサイン会を行うことになりました。
1月28日の13:00から15:00まで、4階のイベントスペースで行います。

初めてのサイン会にドキドキ。風邪ひかないようにしないと。

 国分寺マルイ、カートゥーンネットワークイベント内の告知ページ。
https://www.0101.co.jp/062/store-info/fair.html?article_id=9669&from=01_pc_st062_top_rote5

カートゥーンネットワーク日本公式内の『おかしなガムボール』ページ。
http://www.cartoonnetwork.jp/cn_programs/microsite/00438

輸入コミック/トイショップ、豆魚雷様の『おかしなガムボール』ページ。
https://www.mamegyorai.co.jp/net/main/category_item_list/category_item_list.aspx?category=2243 
限定カバー版
通常盤

どうぞよろしくね!



2018年1月1日月曜日

あけましておめでとうございます。

 あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。
 去年の冬コミの事前コミッション絵の一部と当日コミッション絵の一部。当日絵は取りかかれる時間を考えて描くと同じようなポーズになってしまうのがネックだなー...少し考えないと。





去年末の12月30日は、2012年の夏コミ以来、実に5年ぶりのコミックマーケットでのサークル参加をしてきました。当サークルにお越しいただいたみなさん、本当にどうもありがとうございました。
 2012年を含む数回は、アメコミ評論総合サークルの”ウオッチャーズ”のイベント販売窓口として申し込んだので、最後の個人サークルとしての参加の、2009年の冬以来になるかと。
 そんなブランクはあったものの、何も変わりなく、いつものようにという雰囲気で楽しめたのはとても不思議な感じでした。周囲のサークルが古くから親しくしている評論系のみんなで固まっていたのが良かったのかもしれません。配置をしてくださった準備会の担当さんにも感謝です。
 あと、コミケはやっぱり本が売れるね。持ち込みの既刊がほとんどはけました。
 みんな本を買いに来るイベントだからね。

 新刊の方は見直す点が多々あり、発売延期にしてしまいました。申し訳ありません。再校正後に1月中の発行を検討していたのですが、コミケで友人たちの本を読んでいたら、もうちょっとボリュームもつけたくなったので、少し時間をいただけたらなと思います。最悪夏コミで2冊同時〜という感じになってしまうかもしれませんが、その際はお詫びにおまけでもつけようかと思います。申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちください。

 当日のミスは、11月のイベントで発行したイラスト本の新刊を持ってくるのを忘れたことと、当日コミッション用に持ってきた保護ビニール袋の大きさが通常のものより数ミリ小さいものを持ってきてしまって絵が入らず、裸のまま渡してしまい、大変申し訳ないことをしてしまいました。大変失礼いたしました。以後、気をつけます。

 そんな感じの、久しぶりコミケ反省日記でした。夏コミも申し込みます。取れるといいな。


 2017年は、まだ前、前年から引きずっていた鬱が少し残っており、このままではいけないと思い、決心し、実に15,6年振りくらいにアルバイトを始めました。ほんの3ヶ月の間でしたが、びっくりするくらい元に戻り、その後は何の問題もなく、気持ちも以前より強くなった感じもします。他人が決めたスケジュールの間に、自宅以外のところで仕事をこなしながら他人と接してお金をもらう(人によっては鬱になる原因ですが..)。それまで自分に鞭打ってイベントに参加したり、旅行をしたりして、少しづつリハビリをしてきたつもりでしたが、他人のところで働くことが最も効果があったとは思いもよりませんでした。まぁ、ひどい時は謎の力に精神と体が押さえつけられていてそれどころじゃなかったのですが... 。

 自分のスキルも、上記の復活と、イベントへの参加を重ねたことあってか、いちど悩んで迷走していた絵柄もようやく安定してきた感があります。この歳になって今更感もだいぶありますが、日々勉強ですね。昔から自由奔放なタッチの絵(アウトサイダーアート的な)を究極の理想としているので、再びそれに近づこうと数年前から試行錯誤していたのですが、鬱の原因の一つもこれにあったし、いろいろ諦めて正解な雰囲気です。やばい時に自然にアレな絵を描いていたけどね、治るとパッタリ描けなくなった(気がする)。もって生まれたものは違うのよ。
 お仕事もたくさんいただきました。本当にありがとうございます。

 毎年恒例の海外旅行は、中国の西安から西へ進み、敦煌、ウルムチ、トルファンなどウイグル自治区へ、莫高窟やベゼクリク千仏洞などの仏教遺跡と、火焔山などの最遊記の舞台にもなるシルクロードや兵馬俑を見る旅してきました。遊びに行ってから半年以上経ってしまいましたが、このブログでまた日記が書けたらなーと思っています。

 2017年は私にとって復活の年だったかもしれません。
 改めて、2018年もよろしくおねがいいたします。